top > 観光スポット >ロングビーチ アクエリウム オブ パシフィック

ロングビーチ アクエリウム オブ パシフィック

LAといえば海!そのお魚たちがいっっぺんに見れるぞ。


ロングビーチ アクエリウム オブ パシフィックに行ってきました

ダウンタウンLAから南に20マイル下ったところに位置するロングビーチ。

ここはLAを代表する海の玄関で毎日多くの貨物船が往来し、多くのコンテナが積み上げられている 太平洋でも随一の貨物取り扱い専用の港があることでも知られている。また湾内には、一際その存在感を維持し続けるクイーンメリー号がホテルや博物館として引退後も第2の人生を静かに送っている。

今回ご紹介するのは、家族連れやカップルでのロングビーチの観光では欠かせない、水族館のご紹介をします。

ロングビーチ水族館は太平洋の水族館というだけあって、熱帯魚やくろマグロ、サメやエイなど大きな魚が大きな水槽で優雅に泳いでいるのを観て楽しむことができるのだ。また、熱帯地域で生息する鳥なども園内で餌やりなどができて、楽しむのは決して子供だけではないのだ。正面エントランスをくぐると、大きな城流すクジラの模型が吹き抜けの天井に飾ってあり、その奥には名物の園内職員が定期的に水槽に入り、餌をやりながら魚の説明をしてくれるイベントもあって、見応えは十分だ。週末の天気のいい日は、朝から行列ができるほどの混雑ぶりなので、平日にいくことをお勧めする。

もし仮に水族館が混んでても、周辺には散歩コースやジェットスキー(夏場のみ営業)を楽しむ事もできる。ディナーは周辺にいろいろなレストランもあり、一日の疲れをとるお酒の飲めるレストランで一日をフルに楽しむ事ができるオススメスポットである。

久しぶりの水族館ということもあって、正面入り口の写真がボケてしまい、遠目からの写真になってしまいましたが、実際に足を運んでみるのをお勧めします。